Dr.神津の健康倶楽部

これまでは、病気にかかったら病院に通う、薬を処方してもらう・・・と病気の治療が重要とされていました。しかし、原因のわからない病気は未だ多く存在し、病気の治療から予防へと注目は移り始めています。
病気を予防するには健康な生活を送ることが大切ですよね。
ここでは、「よりよく生きる」ために日々の生活を考えていきます。

[第8回 「美肌にアロエ!」「糖尿病にアロエ!」と言われるけどホント?]

■これだけある、アロエのチカラ

古くはクレオパトラの時代から、美容・健康目的で内用・外用に使われてきた植物と言えば『アロエ』です。最近はダイエット面でも注目され、健康飲料やヨーグルトにも使われています。しかし、アロエベラのどの成分が、人体の細胞のどの部分に作用しているのか、未解明の部分も多いのです。

どのような能力がアロエベラには隠されているのでしょうか。 一般的には、以下のような能力が確認されています。

  1. 便通を良くする
  2. 糖尿病を改善する(血糖値を下げる)
  3. 日焼け、火傷などの炎症を和させる
  4. しわを目立たなくさせ、若返りと美肌を作る
  5. しみ、そばかすなどを目立たなくさせ、美白を作る
  6. 上記全ての原因と言われる活性酸素の除去する

まだまだ他にも秘められた力はありそうです。この多彩な能力は、アロエベラの特定成分が作用しているからではなく、全体的な総合力のなせる業、という見方も一部でされています。

■アロエ商品には、粗悪品もあるから要注意!

いかに優れたアロエベラでも、繊細な成分は、工場の初期の加熱殺菌の段階で破壊されてしまいます。また生産効率を上げるために化学薬品を用い、それが残留することもあります。これでは葉肉を絞った製品でも、アロエベラの総合力が十分に発揮されないのではないでしょうか。
多くのメーカーで『100%アロエ原液』『××倍濃縮アロエ』などのコピーを謳っていますが、どれだけの商品が『生』のアロエベラと同じ成分を維持しているのでしょう。

たくさんあるアロエベラ飲料の中でも、アイティアロエ™だけは、唯一、アロエベラの生葉を絞った内容物を、ほぼ完全に維持した健康飲料です。『ほぼ』というのは薬用となる成分を取り除いているからで、アロエベラのその他の成分は損なっていません。これは特許を取得した独特の製法を用いているだけでなく、成分分析した結果からも証明されています。

アイティアロエに関するお問合せは0120-0531-99(フリーダイヤル) 家富までどうぞ。

2005年11月掲載

健康倶楽部の原稿を執筆されているDr. 神津 の紹介はこちらから