Dr.神津の健康倶楽部

これまでは、病気にかかったら病院に通う、薬を処方してもらう・・・と病気の治療が重要とされていました。しかし、原因のわからない病気は未だ多く存在し、病気の治療から予防へと注目は移り始めています。
病気を予防するには健康な生活を送ることが大切ですよね。
ここでは、「よりよく生きる」ために日々の生活を考えていきます。

[第1回 コエンザイムQ10に詳しくなろう!]

「CoQ10」は、元々人間の体内に存在する物質です。
体の活動に必要なエネルギーを生み出すのに必要な酵素が、正常に働くように助ける物質で、人が生きていくうえでは欠かせない補酵素です。しかし、20歳をピークに体内での合成が減り、肌の老化や生活習慣病などの誘発につながると考えられています。

■「CoQ10」の役割とは

人体のすべての細胞に存在し、細胞がエネルギーを作り出し生命を維持する為に必要不可欠な働きをします。つまり、細胞の働きを活発にするのです。
また、がんや心臓病など多くの病気や老化の原因となる「活性酸素」を消去する働きもあります。
すなわち「CoQ10」を摂取すれば、細胞の働きが活発になって元気になり、活性酸素を消去して病気の予防や老化を防ぎ、若さを維持するのです!

■「CoQ10」の性質とは

あまり知られていませんが、水に全く溶けず、とても壊れやすい性質なのです。水に溶けないため、サプリメントとして摂取しても、体内(水)では吸収されずに ほとんどそのまま排出されてしまいます。また、熱や紫外線、ビタミンCやEなどと一緒にすることで消失してしまいます。
最近ではサプリメントや飲料水など、様々な「CoQ10」を配合した製品が発売されていますが、この性質についてはほとんど触れられていません。

■老化が防止できる?

「あるある大辞典」でも放送されましたが、老化の一番の原因となる「活性酸素」を消去するには「CoQ10」の摂取が大変効果的です。加齢とともに 「CoQ10」の体内生産が減少してしまうせいで、「活性酸素」が消去できず、老化につながるとも言えるのです。
しかし、「CoQ10」だけで老化を防げるわけではありません。「CoQ10」がエネルギーの働きを助ける役割を持つのなら、そのエネルギーの元となる炭水化物・たんぱく質・脂質などバランスの取れた食事や適度な運動が必要です。

■安全性・副作用について

「CoQ10」は医薬品として20年以上使われていて、その安全性と効果が確認されています。

■「CoQ10サプリメント」の効果

人によって様々ですが、疲れやだるさを感じなくなる事が多いようです。
具体的な例としては・・・
「階段の上り下りがとても楽になった」
「目覚まし時計が鳴るよりも先に自然に目が覚めて、苦手だった朝が楽になった」
「夕方、疲れて横になる事が多かったのに、横になりたいと思わなくなった。」
「肌の調子がとてもよく、お化粧のノリがよくなった。」
「夜中に何度もトイレに起きていたが、朝までぐっすり眠れるようになった。」
「とにかく、体が軽い!」
「疲れても、翌日まで疲れを持ち越すことがなくなった。」
という声が多くあげられています。

2005年4月掲載

健康倶楽部の原稿を執筆されているDr. 神津 の紹介はこちらから